読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国途上 〜生きること思うこと〜

イエス・キリストを信じて、聖書を学び続けながら、ほんとうの幸せに出会いました。 私の日常は平凡なのに感動があふれ、問題や失敗もあるのに希望があふれています。 人生はそのゴールである天国へ向かって変えられ続けています。こんな私が日々思うことを公開します。 仙台市郊外にあるプロテスタント教会在籍。

騒ぐ心、沈む心に、希望の出口を

これまでのパターン、今の自分の状態、置かれている環境、周りの状況や人間関係...。

そういうものを見つめながら、明日のことを考えるのはやめよう。

 

これからどうなるのか、何が悪かったのか…。

どうしよう、どうしよう、と漠然と思い悩むことを手離そう。

 

 

聖書には、「見よ」と注意喚起する言葉が実に多い。

 

無意識にせよ、習慣的せよ、ついついフォーカスしているものから視点を変えるために、私たちは日々語り掛けを必要としているのではないか。

 

 

見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。】マタイ28章 (※わたし=イエス・キリスト

 

【心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。見よ、あなたがたの神を。...」】イザヤ35章

 

見よ。私は新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。】イザヤ43章

 

【まことに、神である主はこう仰せられる。見よ。わたしは自分でわたしの羊を探し出し、これの世話をする。】エゼキエル書34章

 

見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。...見よ。わたしは、すべてを新しくする。】黙示録21章

 

 

 

信仰を働かせ、恵みによって自由にされた意志を用いてフォーカスを修正しよう。

 

天地万物を創造し、歴史を導き治めておられる方がどなたなのか。

この小さな私が、主とお呼びする神はどのようなお方なのか。

偉大なる主が、ご自身の真実をかけて語っておられる御言葉は、何を約束しているのか。

 

恵みの神、十字架と復活のキリスト、栄光の王である主のみことばを見つめながら、心を静め、穏やかさを保ち、今できることを考えよう。

 

主に信頼し、主を待ち望みつつ、目の前の小さなことを粛々と地道に行っていこう。

 

神様は、目的なく何事もなさらない。

主が把握しておられないことなど何一つない。

いま、この瞬間も、主の最善のご計画が進行していると、私は信じる。

 

私に今この経験を通らせることによって、

神様が私に気づかせたいこと学ばせたいことが、きっとあるはず。

 

この身に起きる全てのことを通して、主が私に学ばせたいと備えてくださっている真理を、私がへりくだって探し、見つめ、学ぶことができますように、主よ、助けてください。

私を、あなたが望まれるように造り変え続けてください。

 

【主の素晴らしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ。彼に身を避ける者は。】詩編34編

 

f:id:tengokutojou:20160326171936j:plain