天国途上 〜生きること思うこと〜

イエス・キリストを信じて、聖書を学び続けながら、ほんとうの幸せに出会いました。 私の日常は平凡なのに感動があふれ、問題や失敗もあるのに希望があふれています。 人生はそのゴールである天国へ向かって変えられ続けています。こんな私が日々思うことを公開します。 仙台市郊外にあるプロテスタント教会在籍。

弱り果てるな

先日「水切りトマト」なるものを初めて見つけた。

水を極力与えずにストレスをかけて育てることで、旨味などが凝縮された甘いトマトが実るそうだ。

私が購入したものも、真っ赤に熟してみずみずしく、甘くて美味しかった。

 

 

聖書には、神様は人を成熟させるために苦しみを用いることが多く書かれている。

神様に信頼して耐え忍ぶように、実りの時を、ゴールの時を待ち望むように教えられている。

その忍耐や労苦が無駄になることは決してないと、みことばは約束している。

 

神様は、信仰をもって生きる者に「ストレスのない人生」を約束してはいない。

しかし、キリストのいのちを生きるために、必要なものは全て与えられると約束している。

 

また、クリスチャンが信仰に生きると、その人生には苦しみがあると聖書ははっきり告げている。

しかし、その苦しみは産みの苦しみで、とてつもなく大きな喜びに取って代わる日が来るとも宣言している。

 

苦しみにも色々あるだろう...。

 

あえて水切りトマトに重ねるなら、欠乏する前に常に水と肥料が与えられて最適な環境で充足されるどころか、必要な水もなかなか与えられず、じわじわと力が奪われ、干涸びて枯れそうになる時期が私たちにもあるかもしれない。

助けを求めて祈っても、待っても待っても解決が来ない...。

そういう時を既に通られた方もおられるかもしれない。

 

しかし、私はみことばによって知っている。

神様の恵みはいつも私に十分なのだ。

恵みが不足している時など、一瞬たりともないはずだ。

たとえ私たちの感情が欠乏を訴えたとしても...。

 

神様は、ご自身の栄光となる最高の実をならせるために、絶妙なさじ加減で絶えず世話をし、時を見極めて厳しく鍛える。放置して枯らすことなど、あるはずがない。

与えないことにも目的があり、より良くするための深い恵みだと、私は信じる。

 

 

【主に責められて弱り果ててはならない。主はその愛する子を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。...すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。】ヘブル人への手紙12章

 

 

神のなさることは、人の目にはわからない。

だから、私たちの選択肢は2つ。

現実に一喜一憂するのか、どんな時も神のことばに信頼するのか...。

 

神様は、私に、美味しい水切りトマトを手に取らせ、食べさせてくださった。

水切りトマトって、本当に甘い...。

この体験に霊的なメッセージが重なる。

 

「渇いても弱り果てるな。わたしを信頼して失望してはならない。」---と、神様の愛のことばが温かく胸に迫ってくるようだ。

私は、みことばに信頼し、みことばを切に慕い求める...。

 

f:id:tengokutojou:20160701125958j:plain

 

広告を非表示にする