読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国途上 〜生きること思うこと〜

イエス・キリストを信じて、聖書を学び続けながら、ほんとうの幸せに出会いました。 私の日常は平凡なのに感動があふれ、問題や失敗もあるのに希望があふれています。 人生はそのゴールである天国へ向かって変えられ続けています。こんな私が日々思うことを公開します。 仙台市郊外にあるプロテスタント教会在籍。

妻であること

朝起きて一番に考えること、それがその人の「仕事」だ---、と伊集院静氏の著書で読んだことがある。

仕事について、収入源とか職業とか、あるいは多くの時間を費やして従事していること、というような定義ではなく、寝ても覚めてもまっさきに考える、つまり思考の中心にあるものという視点が印象的だった。

 

あなたは、朝目覚めて一番に、どんなことを考えていますか?

そこから考えると、あなたの現在の「仕事」は何だと言えそうですか?

その「仕事」は、あなたの人生においてどのくらいの期間を占めるものでしょう?

その「仕事」は、あなたが望むものですか?

 

 

その本を読んでから、自分が朝一番に考えたことを意識的にチェックするようになったのだけれども、自分でも驚きをもって再認識したことは、私の頭にまっさきに登場するのはたいてい主なる神様。

目覚めのまどろみの中で既に主を思っている。

悲しいときは悲しみの訴えで目覚め、調子がいい時は感謝と賛美で起きる。

いつからなのだろう。とにかく、私の思考は神様抜きにもはや何も始まらなくなっているらしい。

 

それからまず考えることは朝食のこと。

夫にできるだけバランスのいいご飯を作って、夫を気持ちよく送り出すことが最初の仕事だ。何も豪華なフルコースを用意するわけではないし、自慢できるような料理の腕前でもない。ごく普通の日本の朝食。

多くの女性たちが当然のようにやっていることだと思う。

しかし、それすらも面倒くさいと感じ、どうして私ばかりがやらなければならないのかと不満になり、やる気が出なくてぐずぐずと布団にもぐっていた時期があった。

そんな私が聖書を学ぶようになり、妻は夫の助け手であると聖書から理解して、神様から私に与えられた最重要ミッションとして「良き妻であろうとすること」をはっきりと目指すようになった。

夫婦について聖書が教え語っていることは実に多い。

聖書に出会わなければ、結婚は恋愛の延長にあるゴールのようなもので、目的も結婚生活の道筋もわからず、勝手な理想を描きはしても夫婦というものを真剣に考え、夫婦であることに希望を持ちつつ忍耐強く取り組むことなどなかっただろう...。

 

私のいちばんの「仕事」は「妻業」だと常々考えている。

妻業は、「夫が」「助けられている」と感じるように助け、敬い愛することだと私は理解している。料理を始めとする家事も妻業の一部と見ている。

夫のためにと良いことをしているつもりでもツボを外していて、喜んでくれないことで不機嫌になって本末転倒...など自分本位の失敗も経験しながら、夫を愛することを学ばせられてきたと思う。

女性とは全く違う男性を理解すること、自分の夫(性格や状態)を認識すること、愛する心をもってふさわしく仕えるために自分自身を整えること...いまだに練習中だ。

立派に聞こえたら、それは違う...。

身内との親しい付き合いもままならない私であり、子育てに追われることもない生活で、せめて同じ屋根の下で暮らすたった一人の夫を生涯愛すること、その一つだけでも精一杯やっていこうとしているに過ぎない。

 

先日「プロフェッショナルな妻たち」というテレビ番組があった。

アニマル浜口の妻など、有名人の妻が登場する。自分の夫が人生の危機を乗り越えるためにどのように助けたか、夫の性格を理解し適切に支えた妻の技のようなものが紹介されていて興味深かった。

聖書にも「プロ妻」の代表のような女性たちが記録されている。

ノアの箱舟で有名なノアの妻。アブラハムの妻サラがすぐ思い浮かぶ。どちらも、夫への従順さが特徴的。

従順...。

それは私に欠落していた性質であり、私自身がかつて理想としていた妻のあり方とも大きく違う、主体性のない、男尊女卑を連想させる“負け”のような響きであった。

 

しかし創造主なる神様は、男性も女性も互いを必要とし、補い合う存在としてデザインされ、男性も女性も等しく価値あるかけがえのない存在としながら秩序を定めた。

聖書が教える生き方は、神様のデザインした最高の姿を目指すことだと思う。

 

私は、結婚した女性は専業主婦であるべきとか、料理は女がするべきだとか主張するつもりは全くない。

私の尊敬する三浦綾子さんは多忙な作家であり、病気勝ちなこともあってあまり家事ができず、夫の光世さんが妻の仕事を手伝っていたのは有名な話だ。

にもかかわらず、彼女の姿勢はまさに「聖書的な妻」の素晴らしいモデルだと私は思っている。

結婚に導かれた女性なら、一人の夫の妻として聖書的にプロ妻化することに、ほんとうの自由、ほんとうの幸せを知る秘訣がきっとある。

いまの私はそう信じている。

その信仰によって思考が変えられ、生活も方向づけられ、従順さを知る者に変えられつつある。

私を変え続けてくださる恵みの主、イエス・キリストがほめたたえられますように。

  

f:id:tengokutojou:20160730122515j:plain